初代Cloudから何が変わったか?|On Cloud(クラウド)Xレビュー

初代Cloudから何が変わったか?|On  Cloud(クラウド)Xレビュー

初代Cloudに比べ上昇したフィット感とややソリッドな着地感。重量は変化無いがシャープなデザインで、引き続きデイリーのトレーニングシューズとしてオススメ。

評価 ★★★ 3/5

On Cloud X Onの代表的モデルであるCloudが昨年末にアップデートされました。CloudはOnのラインナップの中でも最も汎用性の高いクッショニングレンジのシューズですが、中核売れ筋モデルということで今回のアップデートで新型Cloudの発表と共に派生モデルが発売されました。それがこのCloud Xです。

公式HPとOnジャパン社長のブログによると、CloudとCloud Xはインソール及びソールの作りは全く同じで、差はアッパーだけとのこと。新型Cloudがランニングシューズとしての後継品であるのに対し、Cloud Xはアッパーのフィット感をより高めて幅広いエクササイズでの用途を目指したのだとか。

既に初代Cloudを使用している筆者ですが、出張が多い事から持ち回るトレーニングシューズも必要であり、敢えて新型CloudでなくCloud Xを購入してみました。

Cloudは程よいクッショニングと軽量感、現時点のレースシューズであるクラウドフラッシュとの構造の類似性からメインのトレーニングシューズとして愛用しているシューズです。Cloudからの進化を期待しつつ、以下、実走レビューです。

フィット感:ノーマルシューレースで足を通すと確かに違いが。しかしキャタピランにすると・・・

Cloud vs cloud x
( Cloud Xの方がだいぶシャープな印象)

Cloud Xを購入するに際して、ショップで新型CloudとCloud Xの両方を試着しました。確かにノーマルシューレース装着時にはCloud Xの方がアッパーのかっちりとしたフィット感を体感出来ました。ただ自宅にてキャタピランをいつも通りややタイト目に通すと、結局は初代Cloudと大差ないフィット感になります。

筆者は過去の記事でも「メーカーの回し者か!」というくらいキャタピランを推奨していますが、やはりアッパー素材よりシューレースの方にフィット感調整余地を感じます。

Cloud x heel

2足を並べた写真を見ると、Cloud Xはかなり踵周りがスリム化しているように見えます。フィッティングの肝である踵のフィット感が犠牲になってないかと試着前は不安になったのですが、この写真の通り踵周り内側にパッドが入っておりフィッティングに配慮されています。またCloudはソールに挟まれている弾性素材のスピードボードが柔らかくソール全体の柔軟性が高いことから、踵への追従性に問題はありません。

Cloud x vs cloud

また「雨天時にマンホールで滑る」という評判が多かったためかソール裏の滑り止めパーツも増えています。

安定性・クッション性:Cloud Tecの形状変化から初代Cloudよりソリッドな着地感

Cloud tec comparison
(ソールの穴とそれを取り囲むEVA素材の形状に注目)

Onのシューズの特徴的クッショニングシステムであるCloud Tec(ソールの中空形状)ですが、初代Cloudから若干の変化が見られます。上の写真の通り、初代Cloudより若干穴が小さくなっています。EVA素材部分の体積が増したと表現すべきかもしれませんが、この分だけ着地時の沈み込み感は減少し、クッション性減少・接地感増加がソリッドな仕上がりになっています。

初めてCloud Xを履いて走った時には「初代 Cloudの雲上を走る感覚からするとちょっと硬くなったな」との印象を受けたのですが、本レビュー用に写真で形状比較してみて合点がいきました。個人的には前作のフィーリングが好きだったのでちょっと残念な気もしますが、それでもまだ他社同重量シューズ比でソフトな感触です。

Cloud vs cloud X
(Onジャパン駒田社長ブログより)

上記はOnジャパン社長ブログからの転載ですが、Cloud Xと新型Cloudは全く同じソールが使われています。新型クラウドのクッション性もCloud Xと同じく初代よりやや硬めなものと推測されます。

反発力:前作からあまり変化なし

上記Cloud Tecの形状変化に伴い、反発力は若干上がっている気がします。ただタイム面で体感出来るほどではありません。

重量:初代Cloudから変化なし

Cloud x weight
(Cloud X 27.0cm重量、キャタピラン75cm装着)
On cloud 重量
(初代 Cloud US9、JP27.0サイズ重量、キャタピラン75cm装着)

比較写真を見るとCloud Xの方が踵周りの作り含めスリムに見えますが、Cloud TecのEVA素材の詰まり具合が増加したこととのトレードオフなのか、重量面では初代とXでほぼ同じです。過度な軽量化を狙っていくカテゴリーでは無いためこれ位の重量で問題ないと思います。

総評

初代CloudとCloud Xのどちらが好みかと問われると正直初代Cloudです。クッショニングと反発力のバランス感の好みの問題ですが・・・(但しデザインはXが好き)。アッパー素材の品質向上に伴いCloudから値上げされていますが、キャタピランユーザーには余り影響のないところで個人的に正当化が難しくもあります。今購入するとしたら初代Cloud、在庫がなければ新型Cloudを選ぶ気がします。

初代Cloudはメーカー在庫が残っているようですので、気になる方はAmazon又は公式通販で購入されてみてはいかがでしょうか?


ラン機材レビューカテゴリの最新記事